作品紹介:マンガの神様手塚治虫氏による『ガラスの地球を救え!』のメッセージ

「15万枚に及ぶ手塚マンガを貫く、 灼熱のマグマの根源を、じっくりと読み取っていただきたい」 文庫版の解説にこう書かれているように、今回のプロジェクト原案となった、マンガ家・手塚治虫氏によるエッセイ集『ガラスの地球を救え』には、手塚氏がどのような思いで『鉄腕アトム』や『火の鳥』といった名作を描いてきたのか、その「灼熱のマグマの根源」が自身の言葉によって記されています。それは「人間の欲望によって美しい自然が消えていくこと」への危機感であり、「生命の力強さ」に対する尊敬の念でした。
 科学技術の進歩により私たちの生活が快適になる一方、地球はどんどん壊れていく。しかもその影響は次の時代を生きる子どもたちに及び、彼らの未来はやがて奪われてしまう。それを防ぐためにも人間中心で物事を考えず、地球上のあらゆる生命を大切にするために今、何ができるか考えなければならない――。手塚氏が『ガラスの地球を救え』に遺した思いは決して過去のものではなく、地球温暖化が深刻な危機として現実のものとなった21世紀こそ、振り返るべきメッセージです。

プロジェクトトレーラー(4分24秒)