「ガラスの地球を救え!」プロジェクト

子どもと地球と未来を繋ぐ

マンガの神様・手塚治虫氏が
21世紀の子どもたちに託したメッセージをコンセプトに
地球温暖化について考える2本のアニメーションが
COOL CHOICE ×『アニメNEXT_100』のコラボレーションにより生まれました。

『ガラスの地球を救え!』プロジェクトトレーラー(4分24秒)

 

マンガの神様手塚治虫氏による『ガラスの地球を救え!』のメッセージ

「15万枚に及ぶ手塚マンガを貫く、 灼熱のマグマの根源を、じっくりと読み取っていただきたい」 文庫版の解説にこう書かれているように、今回のプロジェクト原案となった、マンガ家・手塚治虫氏によるエッセイ集『ガラスの地球を救え』には、手塚氏がどのような思いで『鉄腕アトム』や『火の鳥』といった名作を描いてきたのか、その「灼熱のマグマの根源」が自身の言葉によって記されています。それは「人間の欲望によって美しい自然が消えていくこと」への危機感であり、「生命の力強さ」に対する尊敬の念でした。
 科学技術の進歩により私たちの生活が快適になる一方、地球はどんどん壊れていく。しかもその影響は次の時代を生きる子どもたちに及び、彼らの未来はやがて奪われてしまう。それを防ぐためにも人間中心で物事を考えず、地球上のあらゆる生命を大切にするために今、何ができるか考えなければならない――。手塚氏が『ガラスの地球を救え』に遺した思いは決して過去のものではなく、地球温暖化が深刻な危機として現実のものとなった21世紀こそ、振り返るべきメッセージです。

テーマソング「僕の幸せ」に込めた思い 高橋 優

僕自身、秋田県という緑豊かな環境で育ったので、地球温暖化に関してはすごく思うところがあります。 今回のアニメは「地球の危機に対して我々は何をすべきなのか」ということを多くの子どもたちに理解してもらえるような内容になっています。 僕も全国をツアーでまわりながら、子どもたちにどんなことを届けられるか、どんなふうに夢を追い続けてもらえるか、そんなことを考えています。日本中、世界中の子どもたちが笑顔であり続けられるように、そんな思いを込めて楽曲を作りました。 アニメともども楽しんでいただければ幸いです。

たかはし・ゆう/1983年生まれ。秋田県出身。「福笑い」「明日はきっといい日になる」ほか、2017年にリリースした熱闘甲子園テーマソング「虹」などの楽曲で広く知られる。2016年からは毎年、音楽で秋田を盛り上げたいという趣旨のもと、地元・秋田県にて野外音楽フェス“秋田CARAVANMUSIC FES”を開催するなど、今注目を集めているシンガーソングライター

 

作品紹介「地球との約束」

これが現実!? テーマパークで遭遇した大事件“地球温暖化”
絶体絶命! 人間はこの危機を乗り越えることができるのか!?

 混沌とした空間に、地球温暖化の影響で変わり果てた未来の地球が浮かんでいる……。地球の化身・ガイアは人間に警鐘を鳴らし、最後のチャンスを与えることを決めた。ガイアはテーマパークを使って、人間たちを地球温暖化が進んだ未来の世界に送り込むことにしたのだ。  家族でテーマパークに訪れていた中学生のリナと弟の健人、そして猫のマルは、この大騒動に巻き込まれていく――。未来の世界に送り込まれたリナたちを襲う絶体絶命のピンチ。彼女達は力合わせ、知恵と勇気と優しさで、このピンチを乗り越えることができるのか?  地球の化身である「ガイア」が創り出す「サバイバル」をとおして、リナたちは地球温暖化の原因や自然の大切さを身近なものとして体験していく。「今、人間にできること」「今、何を“選択”すべきか」を問いかけ、「地球は人間だけのものではない」ということを伝える。

 

「地球との約束」トレーラー(1分43秒)

[声の出演]

坂口リナ〈〉本田望結

ほんだ・みゆ/2004年生まれ。 京都府出身。注目の若手女優としてドラマや映画などに出演するほか、フィギュアスケーターとしても「全日本ジュニア選手権」に出場した実績を持つなど、多方面で活躍している

坂口健人〈〉田中あいみ

たなか・あいみ/東京都出身。 声優としてアニメ作品を中心に、さまざまなジャンルの作品に多数出演している

マル(猫)〈〉原紗友里

はら・さゆり/東京都出身。 声優としてさまざまな作品で活躍するほか、歌手としても多くのステージに出演している

ガイア〈〉磯辺万沙子

いそべ・まさこ/数多くの洋画作品で吹き替えを担当するほか、アニメ、ドラマ、舞台など多方面で活躍する

サバ〈〉千葉 繁

ちば・しげる/1954年生まれ。熊本県出身。 声優、俳優。アニメ「北斗の拳」の予告ナレーターとしても有名

河本邦広

豊口めぐみ

[メインスタッフ]

『ガラスの地球を救え!』プロジェクト原案:手塚治虫

監督:西田正義

脚本:森田眞由美、西田正義

テーマソング:高橋 優「僕の幸せ」

キャラクター・デザイン:清水健一

作画監督:西田正義

色彩設計:中村千穂

色指定検査:永谷夏姫

撮影監督:塩川智幸

CG監督:秋元 央

編集:内田 渉

美術設定・ボード:阿部行夫

美術:(株)DR MOVIE

演出:鈴木卓夫

音響監督:たなかかずや

音響制作担当:佐藤当史

音響制作:ハーフ エイチ・ピー スタジオ

音楽:平野義久

音楽制作:ナチュラルナイン

アニメーション・プロデューサー:鄭 熠

プロデュース:清水義裕

統括:吉田力雄

プロジェクト・マネージャー:千島 守

プランニング・ディレクション:植野淳子

アニメーション制作:手塚プロダクション

作品紹介「私たちの未来」

地球温暖化が引き起こす生命存亡の危機 タイムリミットは2050年

2018年夏――。中学2年の島谷マヒルとクラスメイト5人は、夏休みの自由研究の一環で、地球温暖化の研究において世界的に有名なテラサト大学を訪れる。そこでマヒルたちは地球環境研究の第一人者・熊川教授から、地球創生46億年の中で200年に満たない産業革命以降の現在、地球温暖化が引き起こした地球の生命存亡の危機、そのタイムリミットが迫っていることを知らされる。「でも……悪いのは大人だろ。オレたちは生まれたときからこの環境だったんだ。オレたちは何もしていない!」

 クラスメイトの一人がそう叫んだとき、未だかつて経験したことがない暴風雨がマヒルたちの街を破壊し、多くの命が奪われる。崩壊する街を目の当たりにした5人が、共にした決意とは……。  地球温暖化による地球の危機を知った5人の中学生が誓う決意と行動を通じて「未来のために私たちは何を“選択”すべきか?」を問いかける。

 

「私たちの未来」トレーラー(1分12秒)

[声の出演]

島谷マヒル〈〉足立梨花

あだち・りか/1992年生まれ。長崎県出身。2007年「第32回ホリプロタレントスカウトキャラバン」にてグランプリに選ばれたのをきっかけに、女優としてドラマやバラエティ、映画、舞台など多方面で活躍する

熊川教授〈〉山寺宏一

やまでら・こういち/1961年生まれ。宮城県出身。 声優、バラエティ番組の司会、ラジオDJなど幅広く活躍する

樹田先生〈〉冨永みーな

とみなが・みーな/声優。
アニメサザエさんカツオ役、それいけ!アンパンマン ドキン役ロールパンナ役。番組ナレーションでは開運なんでも鑑定団、きらりえん旅、他で活躍中。

土井ユズル〈〉富田望生

とみた・みう/2000年生まれ。 女優。『あさひなぐ』『チア☆ダン』『ソロモンの偽証』など話題作に多数出演

二神アスカ〈〉唯月ふうか

ゆづき・ふうか/1996年生まれ。 歌唱力に定評がある女優としてミュージカルなどさまざまな作品で活躍する

浜添伸也

五十嵐雅

[メインスタッフ]

『ガラスの地球を救え!』プロジェクト原案:手塚治虫

監督:前田薫平

脚本:おりかさゆういち、前田薫平、チーム テラ

テーマソング:高橋 優「僕の幸せ」

キャラクター・デザイン/作画監督:中田博文

美術監督:佐藤豪志

色彩設計:小森谷初

撮影監督:浦林智宏

CG監督:管 友彦

編集:宮崎満里奈

音響監督:早瀬博雪

音楽:澁江夏奈

音響制作:名取信一

演出助手:倉田俊宏

制作デスク:渡邊龍之介

制作進行:石田祐貴

プロデューサー:田中伸明

統括:吉田力雄

プロジェクト・マネージャー:千島 守

プランニング・ディレクション:植野淳子

アニメーション制作:日本アニメーション